2018年8月8日

師匠の教え8株価を毎日身に刻む

師匠からの教え、第八の言葉は

株価を毎日身に刻む

ファンダメンタルから見て、良いと思った銘柄
(=欲しい銘柄)の株価は毎日チェックするべし。

毎日チェックすることで、「今だ!」という買い時
(=安値)がわかるとのこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株価のチェックなんて当たり前と思いますが
自分が持っていない銘柄の株価にはどうも敏感に
なれません。

欲しくなった銘柄は、株価の傾向をチェックする時間が
じれったく、すぐ買いたくなってしまう。

持っている銘柄がだだ下がりすると、もう見たくなくなる。

どのくらいの期間チェックすればいいのでしょう?
「自分の身体に沁み込むまで。」

????

過去のチャートを凝視するのとはまた違うそうです。
身をもって、株価の動きを知る。

私も、とある銘柄の値動きをずっとチェックしています。
3年経って最近、値動きの傾向が掴めてきました。
ちょっとぐらい思った動きとブレたとしても
どっしり構えてられます。

全然論理的じゃないのですが。

株価を毎日身に刻む

応援お願いします。更新のはげみになります。
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村